EFTをより効果的に行うために

EFT を成功させるためのコツ

以下はEFT をやっていく中でうまくいく時にやっていることです。

EFT を成功させるためには しつこく、繰り返し、リピートして、SUD が0になるまで、セットアップやリマインダーを変えながら、しつこく、繰り返し、リピートしておこないます。

問題を限定された事柄に分解する。問題の塊を分解して、絡まった糸(意図)をほぐして解決していく。

身体的な反応をセットアップやリマインダーに組み込んでいく。

問題に対して主観的な態度で臨む。

自分自身(あるいはクライアント)を受け入れる。

効果測定

効果測定は常に行ってください。

どうなったらうまくいっているか?
・ その問題が気にならなくなる。
・ どうでもよくなる。
・ 事実は変わらないが受け取り方が変わった。
・ その問題に縛られていない。
・ SUD が0になっている。
・ 手放せる。
・ 思い出せない。
・ 記憶があいまいになる。
・ 先に進める。など

結果のテスト(重要)

現在の感情を調べる。

・ リマインダーに使っていた言葉など、キーワードを言ってみて、とくに何の感情も起きないかどうか

未来の状態を想定してみる。
・ もし問題の状況になったらどうなりますか?
・ その状況に入り込んでみます。イメージするのとは違います。

どこかが反対していないかを調べる。
・ 問題が解決しました。身体のどこかのパート(部分)が、何か嫌な感じがしないかチェックします。

結果をテストするときは、問題が概ね解消したと判断したときにのみ行うようにします。

次のような質問をしてみます。

『もし問題の状況になったらどうなりますか?』
『今まで問題だと思っていたことを思い出してください。何か違いますか?』
『身体のどこかで、なにか違和感がしないかチェックしてみてください。』

テストはイメージではなくて、その状況に入り込んで感じてみることが重要です。
イメージだけだと頭の中だけで処理してしまい、テストにならない場合があります。

コメントを残す