EFTはどんなことに使えるの?

あらゆることにEFT を使いましょう。

何かの道具が必要と言うこともありません。ちょっとの時間でできます。

効果があるかどうかはやってみないと分かりませんが、何にでも試してみてください。

不安 / 交通事故 / 退屈 / うつ / 悲しみ / 罪の意識 / 頭痛 / 生理痛 / 不眠症 / 制限された信念 / 失恋 / 身体的痛み / パニック障害 / 恥ずかしさ / 緊張 / どもり / ストレス / 自信喪失 / 性的虐待 / スポーツの上達 / トラウマ / PTSD / 戦争の記憶 / 依存症 etc

恐怖症(対人恐怖症 / 歯科恐怖症 / 動物恐怖症 / 虫恐怖症 / 先端恐怖症 / 乗り物恐怖症 / 高所恐怖症 / 水恐怖症 / その他恐怖症)

ちょっと変わったところだと、催眠暗示の解除に使うことができました。ネットの一部で流行っていた好きな気持ちにさせるような催眠もEFTを使うことで解除できます。

失恋を引きずっているケースの多くは、知らず知らずに好きだと思い込んでいる自己暗示によって、その人以外を見ることをできなくなっているときに起こります。

恋愛中に、気持ちの確認をされるときにそれは入ります。

例えば、『私のこと好き?』なんて聞かれる場合です。彼氏彼女にそんなことを聞かれると、どうしても『うん』と肯定するしかありません。
否定したら終わってしまいますからね。

本人の気持ちにかかわらず、こんなやりとりを続けていると、心理学で言う認知的不協和という現象が起こります。
気持ちよりも意思表示した方が優先されます。

結果として、分かれる頃には『その人だけが好き』なんて気持ちになっている場合があります。

実際に、失恋を引きずって、半分ストーカーになりかけていた人も、EFT一発で、どうでもよくなっています(実績値)。

全てのケースで同じようになるとは思っていませんが、方法を知ってチャレンジするのはそんなに大変なことではありません。

感情を解放できずに抱えているとどんどん苦しくなって、良くない行動に発展します。

ぜひ、どんなことにもEFTを使ってみてください。もしかしたら、グッと楽になるかも知れません。

コメントを残す