EFTの拡張的テクニック

EFT のショートカット(8ヶ所)

ショートカットポイント

EFTのショートカットポイント

1. 頭頂部
2. 眉頭
3. 目の横
4. 眼の下
5. 鼻の下
6. あご
7. 鎖骨
8. 脇の下(胸の横辺り)

ムービートラウマテクニック

ムービートラウマテクニック

まずその出来事にタイトルをつける。

タイトルをつけて、そのタイトルを聞いて出てくる感情についてまずEFT をする。

映画を見ているようにその出来事にEFT をしていく。

感情のピークに向けて映写を続け、ちょっとでも感情があがったらそこで止めてEFT でSUD を下げる。

そして、また最初から上映していく。この繰り返して、ゆっくりと確実に感情を下げていく。

内なる平和の手順

人間はどうしても感情があります。

良い意味で持っていた方がいいものもありますが、持っていると悪影響があるものについてはこの手順で解放していきます。

1. 自分で思い出せる限りの不快な出来事をリストアップします。数百項目は出てくると思います。
2. 毎日、それを少しずつEFT で、解放していきます。

あなたのタッピングポイント

通常のタッピングポイントのうち、自分にとって効きがいいポイントというのがあります。

変化が多いポイントがあれば、積極的にそこを使いましょう。

1か所でもいいし、複数の組み合わせでもかまいません。

・ 眼の下、鎖骨、脇の下など

ティアレス・トラウマ・テクニック

クライアントを泣かさないテクニックです。

1. トラウマを決める。
2. 場面を想像せずに、SUD を推測する。
3. EFT を行う。
4. 推測のSUD が0-3 になるまで続ける。
5. 場面を想像する。
6. 残っている感情にEFT を行う。

痛みを追いかける

感情的な問題を思い浮かべる、あるいは感情的な問題を言葉にしてみると、身体的に何かを感じることがあります。その感覚に対してEFT を行います。
身体的な感覚を解決することで、感情的な問題が癒されることがあります。
感覚は場所を変化したり、感覚が変わることがある(フェルトシフト)。
そのときは感情的な問題も変化しています。

問題がひどく曖昧なときや、理性的に認識できないとき、身体感覚を使ってアプローチをする場合があります。

※フォーカシング的なアプローチ
フォーカシングは、ユージン・ジェンドリンが作った心理療法で40 年以上の歴史のあるものです。多くの心理療法やセラピーに取り入れられています。

問題に忍び寄る

1. 全体的にEFT を行う。
2. 身体的なSUD を測る。
3. 全体的にタッピングする。
以下のような言葉をセットアップフレーズにして、行う。
『その感覚を感じている。その感覚を感じている自分を、深く愛し受け入れます。』
4. 問題の外殻を取る。
5. 少しずつ問題の中心に向かう。
6. 全体的にタッピング→具体的にタッピングと切り替えていく。

代理タップ

誰かになったつもりで、EFT をすることを代理タッピングと言います。
遠隔地の家族や友人が感情的、信念的に困っているときは、積極的にEFT で代理タッピングしましょう。
その際に、許可を得る必要はありません。なぜなら、EFT は元の状態に戻すだけだからです。

コメントを残す