EFTで核となる問題を探す質問や方法。

質問方法

多くの場合、本当の問題とは別の現象として問題が表出することがあります。問題の核を探すことは、芸術的な技術です。

そして、それは誰でも経験や知識とともに習得可能です。

質問は無意識に介入する強力な手段です。

質問には、曖昧にすることによって、相手に曖昧な部分を補わせることで、無意識レベルに介入する方法と、普段、当たり前になりすぎていることを、切り分けたり、削除されているものを復活させたり、ゆがんでいるとらえ方を元に戻したりして、真実を得る質問があります。また、前提(本人が信じて疑わないこと)を変えることで新しい見方を得る質問も有効です。

「もし、もっと深い感情的な事柄があるとしたら、それは何だと思いますか?」

「もし、再度、人生を生き直すことができるとしたら、どんな出来事あるいは人を、そこから消したいですか?」

※注
このあたりの質問法についてはNLPで使われている質問に過ぎません。しかし、このタイプの質問では本質的な問題にたどり着くまでに時間が掛かりすぎます。最新のエモーションフリーEFTでは本人の知らない問題も見つけることができます。

言葉の真意

人が普段使っている言葉には、その人の経験や価値観から、独自の意味が負荷されている場合があります。

例えば、結婚したいのに、結婚できない人がいました。

結婚の言葉の裏には別の意味がありました。

結婚=自由がない

自由がないというのは比較的避けたい状況だと思いますが、その人は自由がなくなることを恐れて結婚になりかけると自ら状況を壊してしまうことを繰り返していました。

人の行動は、頭の思考で決まります。

何気なく考えていること、その時使った言葉の真意で、結果が変わってきます。

言葉の真意を探す方法

信念めいたものがあれば、それが現実化することがあります。

EFTではそのあたりを探す方法や考え方がありますが、ちょっと効果として弱いです。

そこで私の方で別の方法を考えて、誰でも深く調べる方法を用意しています。

EFTではありませんが、線の思考法、こころマップという手法がそれに当たります。

エモーションフリーEFTの手法と組み合わせると、問題の根本を探り出すことができます。

コメントを残す