要領がいいとは?

いながき@ありがとうです。

 さて、物事には少なからず時間が掛かります。時間をどう配分するかが分からなくなって、行き当たりばったりとか、非効率に順番通りにってなると、もう大変です。学校の勉強は網羅的にすべき(理想)ですが、目的に合わせて勉強した方が結果を得やすいです。例えば大学受験、まんべんなくやってはいなかったはずです。受かるための勉強ですね。資格試験も同じで。満点よりも合格です。要領の良い悪いで合否が決まるなら、良い要領を手に入れたいはずです。

 要領がいいというのは、目的、手順が明確で実行できている状態です。明確にするには、よく考えることです。よく考える時間を取らずに、予定を立てることはできません。そして、予定を立てることに慣れている人は瞬時に何が重要で何が重要でないかを取捨選択をし、完璧にはこだわりません。瞬時に考えられるんです。完璧を求めて基準に満ちなかったら意味がない。まず、合格を目指す、そして、その後で挽回するつもりがあればやればいいです。大抵は、受かって終わりですけどね(笑)

 達成したい目標がある時、行き当たりばったりですと、途中で頓挫することになります。勝手に進めると、まわりの協力も得られないです。明確なゴール設定、プロセス、常に肯定的でいる方法、時間の見積もり、そして肯定的なセルフイメージなどが分かってくると自然とうまくいきます。それらは一瞬では身につきません。日々、少しずつできるようにしていくしかないんですよね。

 

どくしゃになってね!

 

 

 

コメントを残す