毎日がポジティブである理由。

いながき@ありがとうです。

 

年齢って訳でもないけど、最近、短期記憶が弱いですね。やることがガンガン増えていくので、そのせいもあるけど記憶が保持できないですね。そうすると、記録するしか手がないですね。

 

そして、手帳かスマホに残すことになります。まぁ、いつも持っているものだからね。そこに記録して見返して、時にアラートしてくれる、そういうカタチを持っているだけで、記憶しなくて済みます。記録してあると余計忘れちゃうんだけど、書いてあれば覚えているのと同義です。

 

この弱点は、見返すことが習慣になっていないといけないということです。でも、逆に言えば、それさえあれば習慣化は可能になります。忘れないからね。そして、時間数(分単位)と詳細なやり方(ほんとバカみたいに詳細です)がわかっていれば、後はやるだけですね。

人は忘れれば行動しません。時間がなくてもしないですね。詳細なやり方が分からないと考え込んで止めちゃいますね。

 

行動が止まる理由が分かっていれば、それを回避すれば良いです。

 

まず、計画を立てて(これが難しい人が大半です)、それを計画表に書き込む(これが手帳やスマホです)、あとは思い出す仕組みがあるから、それで思い出して実行するだけです。

で、ここで問題なのは気持ちについて考慮していないってことです。人は気持ちでモチベーションが下がって行動しないってことになります。でも、考えなければ気持ちはどうでも良くなります。

大学のとき、パン工場でバイトしたことがあるけど、やることが明確で何も考えずにやっていました。考えていたら行動できなくなります。だから、考えなくても済むようにします。

 

考えないで仕事をこなす。これがタスク管理です。難しそうに思えるかも知れないけど、最初は少しの計画でOKです。そのうち、それが楽に感じてしまって24時間、計画してしまいます。

睡眠時間もね。これは徐々に時間を掛けて行います。できあがると、あとは毎日が普通に流れていきます。

 

ネガティブなことも思い出したり、考えたり、気にしなければ、何もないですね。逆にポジティブなことを思い出して、考えて、意識したら、毎日はそれで満たされます。これは快適です。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す