感情の問題大変な理由とは?

いながき@ありがとうです。

 

人の思い込みの壁という話でエモーションフリーは進んでいますが、いいと思い込んでいることが実は障害になっていることなんて言うのもあります。良いとか悪いという尺度もあっていいですが、究極にはあらゆるバランスを取ったところ(真ん中では有りません)で、清濁併せ呑む態度が大事ですね。中道、中庸にも近くなります。そのとき、感情に振られないと何でも無いんですけどね。

 

感情があって制御するの大変だって思い込まされていると、その通りになります。何事も思ったとおりにしかならないんです。だったら、ベターな思いにまとめるといいです。そこで整合性がないからみんな苦しんでますね。私といると、現実と妄想の区別が進みます。できることできないことが分かれば、できないことで悩むより回避策を考えられます。回避できるなら問題は減りますね。

 

現実的に、すべて想定通りにはなりません。想定していても、どこかで否定していたりするので、その思い通りになっていきます。そういうちょっとした内面に気づけるか、それが分岐点ですね。

 

フォローしてね!

コメントを残す