がんばった人が報われる世界。

いながき@ありがとうです。

 

突き詰めて考えることが、その人の中で化学反応を起こします。多趣味でいろいろやってきていますが、その都度、同じような感覚に包まれます。こういうときは、他人の評価はありませんが自分の中ではうまく行っているときです。

 

さて、話変わって、人はコミュニケーションを取るとき、自分の内面を外へ表して他人と共有することでコミュニケーションになります。伝えなければ伝わらないです。

 

コミュニケーションが苦手な人は、表現方法でどうしたらいいか分からないとか、自分の中が葛藤してまとまっていないとかが多いようです。前者は、いろんなケースを学ぶことで回避できます。ただ、座学ではどうしようもないので、体験型を選ぶといいですね。難しいことを考えなくても自然と身体が動いていけば楽ですから

後者の葛藤があって自分の軸が定まっていない人は、とても、正直な人です。正直自体はいいですが、違和感のない一つの軸を作り上げてしまった方がいいです。自然発生的な軸を待つよりも、こういう風にしたいというものの文章化です。

 

それを毎日読むこと、それに従って行動することで、短時間に身体と一体化します。聞いたことがあるかも知れませんが、クレドっていうようなものもあります。それの個人版を作ればいいんです。

 

多くの経営者や有名人が最初からいい人であったとは到底思えませんが、人前で話すときに、意識して、注意していくことで自己洗脳が掛かって、いい人になっていきます。
自己洗脳って言っても、自分で決めてやることなので、誰かに制限されることではありません。自分の意志です。だから、怖くはありません。

 

こんな話をしていると、間違った思い込みをしてしまったら?? なんて考える人もいますが、自分の軸を人に話して肯定されないなら、間違っているかもです。それでも突き進むならそれも有りです。

私なんか、大抵、賛同されません。理解もされないし、否定されることもあります。でも、続けるから、相手は認めます。結果を出すから認めます。公共の福祉を常に考えているから認めます。

 

否定のエネルギーなんて長くは持ちません。がんばった人が報われる世界が好きです。

 

どくしゃになってね!

 

コメントを残す