幸せが感じられない理由

いながき@ありがとうです。

 

身体の感じがわからないのに無理にフォーカシングはできません。フォーカシングは前段で感じる事をやらないとうまくできないです。NLPの時もそうですが、感じられないを感じられるところにもどすのにちょっと時間が掛かります。

 

身体の感じを感じられない人は、全てを頭で考えるしかない(実際は感じていてもよくわからないと言います)ので、発想が悪いシミュレーションばっかりで、苦しくなっていきます。盆踊りが踊れない問題ですね。

 

当然、他のセラピーやスピリチュアルもあまり効果がなく、知っていることに当てはめて解釈しようとするから、気づきも少ないです。『考えるな!感じろ!』って昔からよく言いますが、『どうやって感じるんですか?』って真顔で質問してしまうような状態です。orz.. そう、わからないんだからできないです。

 

ちょっと言い方を変えて、車を運転するのに方法がわからないのに運転すると望む結果が得られません(💦) そして、余計怖くなってしまう事もあります。

 

だから、基本である『感じる』をわかるようにしましょう。そうすれば、変な感じがする! ってなります。従来の認知とのズレが生じるからで、ズレがあれば気づきが起こります。そこから始まります。

 

周りのことを遮断しているうちは、嫌なこともスルーできていますが、感じられるようになると、幸せも感じられます。そして、感じることをON/OFFできるようになれば、より豊かに毎日を送れます。記憶力が弱い人は、感じる力も弱いです。記憶は脳への刺激のセットで覚えていることが多くて、本を読んだだけの記憶は定着しにくいです。でも、旅行に行ったこと、音楽を聴いて身体を揺らしたこと、自然の中でかいだ香り、誰かとあふれあってどきどきしたこと、覚えている事が多いです。

 

あなたは毎日の刺激の中に生きています。喜びくらいは受け取りましょう。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す