いろんなトラブルが有るのが当たり前。

いながき@ありがとうです。

 

つらい状況にいるとしても、すべての望みは叶っているということです。

もちろん、出方が逆って言うこともあります。振り子ですね。

お金持ちを望んでも、貧乏一直線とか、いい恋愛をしたいのに、デートDVとか。

 

両極端なものはどっちがでてくるかわからないので、その振り子自体を無効化するのが得策です。

そうすると、本来の穏やかな望みが出てくるので、それが叶います。人はそれを幸せとか平和って言います。

この境地に経ったことがない人は、やれ成功!、やれリア充!、やれキラキラ!とかうるさいです。

 

何もしなくても、人は幸せへの道を進んでいます。

 

え、でも、辛いんですけど? って言う方は簡単な話です。

深層(内面)で望んでいることと、頭で考えていることがズレまくり。

平和で幸せで立派な人になろうとしても、内面は真逆を指しています。

エキサイティングがな毎日が良くて、ありえないような(現実不能)幸せを望み、立派でないのにい立派に振る舞おうとする。

 

だから、そのギャップにやられて、『自分はダメなんだ』って自己暗示を掛けていく。

そうすると、無限連鎖が始まって、ダメとダメじゃないの間で意識はダメな方に傾いているからそればっかりが起こっているように感じてしまう。

客観性をもっている人から言うと、普通レベルなのにねって。

 

よほど変な状況でない限り、いろんなトラブルが有るのが当たり前、それをどう感じ乗りこなしていくかです。

そこで、グーッとダメな方ばっかり考えてしまうから、身体が辛くなって、更に良くない思考になります。

そして、それが良くないことすら、わからなくなっていく。

 

知覚がおかしくなると、人はちょっとおかしな言動になります。五感をある程度操作できるようになると、精神的に落ち着きます。NLPでやります。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す