free web hit counter

会員規約

一般社団法人行動変容協会 会員規約

第1条(名称)

この団体は、一般社団法人行動変容協会(以下「本協会」という)と称します。

第2条(目的)

本協会は、明快な問題解決の技術・考え方・生活スタイル案を研究・共有することで、会員の精神的な生活向上を目指し、そこから生まれる能動的かつ肯定的な発想・行動によって、家庭を平和にし、コミュニティを活性化させ、世界を平和にしていくことを目的とします。

第3条(本会員規約の範囲)

本規約は、本協会のエモーションフリー講座、もしくはビジュアルフォーカシング講座の受講生となった個人に適用されます。ただし、退会を希望した場合は、会員ではなくなりますので、適応されません。

第4条(会員)

本協会が主催、または許諾する該当講座に会員となることを前提に申込み、修了後、本協会が承認した方を会員とします。

第5条(会費)

会費はありません。

第6条(有効期間と延長)

本規約に基づく会員有効期間は、会員になった年度の翌年度末とします。
有効期限末には、レポートを提出して戴き、それをもって、更に会員期間を1年間自動更新するものとし、以後も同様とします。

第7条(変更の届け出)

会員は、氏名、住所、連絡先等、本協会への届出事項に変更が生じた場合には、速やかに所定の変更手続きをおこなうものとします。
会員が必要な変更申し込みをしなかったことにより、不利益を被った場合でも、本協会はその責任を一切負わないものとします。

第8条(退会)

会員は、本協会所定の手続きにより、退会することができます。ただし、未払いの費用等がある場合には、会員は、退会後も本協会に対する未払い分の支払いを免れないものとします。

第9条(会員資格の取り消し)

本協会は、会員が次の各号の1つに該当すると認めた場合、会員たる資格を取り消すことができるものとします。

  1. 本協会の名誉を著しく傷つける行為、または会員としての品格を損なう行為があったと本協会が認めた場合。
  2. 本協会の会員に対して、個人的な営業活動、政治活動、宗教、ネットワークビジネス等の勧誘を行い、会員から苦情があった場合。
  3. 本会員の個人情報を故意に漏えいせしめたとき。
  4. 法令もしくは公序良俗に反する行為を行った場合。
  5. 本規約または、その他本協会が定める規約に違反した場合。
  6. 本人が死亡し、もしくは失踪宣言を受けた場合。
  7. その他、本協会が会員として不適格と認める相当の事由が発生した場合。

第10条(サービス)

会員は、本協会の行う以下のサービスを優先的に利用することができます。

  1. 会報の受信および、投稿。
  2. 本協会主催のセミナー、講演会への会員価格での参加。
  3. 本協会が主催、または許諾する該当講座の再受講。
  4. 講座など、本協会会員限定のサービス。
  5. 講座修了実績に応じた著作物の利用。

第11条(著作物の使用)

講座カリキュラム、講座テキスト、その他本協会が掲載するウェブ上の著作物を無断にてコピー、転載、販売、配布、ウェブ表示または記載する等の行為を固く禁じます。

無断で本協会と同様な講座開催を固く禁じます。違反行為をした場合、本協会より注意・警告を行い、改善されない場合は、本協会会員の抹消ならびに、しかるべき法的措置をとるものとします。退会後もこの義務は継続します。

第12条(規約の追加・変更)

本規約に定めない事項で必要と判断されるものについては、理事の決議により定めるものとします。

本協会は、理事の決議により、サービスの内容および料金を含め本規約の全部または一部を変更することができます。本協会により変更された本規約は、本協会のウェブサイト上に掲載された時点で効力を発するものとし、以後会員は変更された本規約に拘束されるものとします。

第13条(免責および損害賠償)

会員は、本協会の活動に関連して取得した資料、情報等について、自らの判断によりその利用の採否・方法等を決定するものとし、これらに起因して会員または第三者が損害を被った場合であっても、本協会は一切責任を負わないものとします。

万が一、本協会が会員に対して損害賠償責任を負う場合であっても、その原因の如何に関わらず、本協会は、間接損害、特別損害、逸失利益ならびに第三者からの請求および軽過失に、基づく損害について、予見の有無に関わらず、責任を負わないものとします。

会員が退会・除名等により会員資格を喪失した後も、本条の規定は継続して当該会員に対して効力を有するものとします。

付則

本会員規約は、2018年04月1日より施行します。