起業していい人。

いながき@ありがとうです。

 

今が経済的に、人間関係的に苦しいので起業というパターンがありますが、これはだめですね。苦しいのは自分でやっている(自作自演)と解釈できます。そうすると起業しても苦しい状況でいたいわけだから苦しくなります。何も改善しません。

 

なんとなくとか、キラキラ系だと言葉の段階でボケボケになっているので、こんな流れです。まず手を付ける→つまらない→もっといいものがあるはずだ!で、探しまくります。そして時は過ぎなんにもなっていない自分を見てゾッとしますね。やりたくもないけどこれしかない系も、気持ちが踊らないので、生活は出来ても楽しくないです。

 

起業していい人は、まずやりたいことが明確であることです。明確な人はやることが決まりやすいです。だから、やるべきことをやってリターンを得ます。ここに自己価値とか持ち込む必要はそもそもないのに、お金のブロックが〜とか言っている人は、そもそも何かを間違えています。セラピストに多いですね。

 

自分のお金のためではなく、公共の福祉のために行動するというのは、お金を払う人もいるので仕事として成立しやすくなります。自分のお金のためだと、変に頑固になったり世界を狭くして広がりがなくなります。当然正しい認識も出来ません。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す