最良のメモ術

どうしてメモ術なのか?

色々やりたいことがあって、前に進みたいなんてことありますよね?

日々やることは山積み、整理して進めないのに上手く行かない!

手帳とかも良く聞くし、Todoリストとかも聞きます。GTDとかもあります。

色々あって迷ってしまうと思いますが、こんな風にしてみましょう。

手法はシンプルイズベストです!

面倒くさい方法は、大抵続きません。

道具が必要なものも常に持っている必要があります。

だから私はメモをお勧めします。

私がやっているメモ術について書きます。

これは、自分を進めていくためのエンジンになっています。

仕事だけでなく、プライベートも同じです。

実際にメモ術を導入することでどうなったか?

メモ術には2つのメリットがあります。

1.思いついたものをすぐに書くので、わすれない。

2.書いた後時間がたつと別の視点でものを見ることができる。

なぜここに行き着いたか?

30代になってから仕事が膨大になって行って、覚えきれなくなったので最初は手帳に行きました。

ここで10年くらい。そのあとは、デジタルに移行していきます。

でも、結局のところ、記憶に残す、思考に影響を与えるためには、キーボードやフリックでは弱いんです。

なので、メモはなんだかんだで続いていて、何百冊もノートは書いてきています。

ノートに一時記録をして、必要なものは二次ノートへ。デジタル化した方が良い場合は、手入力か、写真にしてファイル。

そうすることで、アイデアは溜まっていきます。

が、しかし、やってはいけないこと!

手書きで書いて保存はいいアイデアです。ですが、そのままでは情報は埋もれます。

二度と見ることもありませんし、検索に引っかかると言うこともありません。

だから、書いて終わりにせずに、レビュー(見返す)が大事になります。

ではメモ術について考えてみましょう!

私のやり方を教えますね。

まずは求める要件

情報を管理するためにいつどこで書いたかを書きましょう。

フォーマットを揃えるために、紙の大きさを合わせましょう。→ファイリングのためです。

裏表書くと、裏抜けとかする場合があったり、スキャンするのが大変なので(両面のドキュメントスキャナは持ってますが〜)、片面のみです。

書き方

ここまで来ると書き方は簡単です。

私の場合、A4の紙を使います。コピー用紙でも、リーガルパッドがいいです。
時系列を大事にするときは、ノートに前から順に書いていきます。

1ページで1件です。

1次ノートだから、雑記帳みたいな感じです。

罫線のノートより無地か、方眼の方が書きやすいのでそうしています。

ノートなら右のページのみです。

上の方に、日付と場所を書きます。

あとは思いつくままに書いてきます。

大抵は次の3つのうちのどれかです。

  • 今日やること(直近のタスクです)
  • 今の気持ち(あ〜とか、う〜とかもOKです)
  • やりたいこと(夢とか計画とか願望です)

特別一つのノートに固執する必要もなく、紙があれば格でいいです。

用意サイズがばらけるときはA4のクリアノートに入れて束ねるか、ノートに貼ります。

※ファイルリングの極意は、サイズを揃える、時系列に並べる、です。
二次ノートの場合は、タグ等のきっかけを作って検索できるようにする

まとめ

色々やりたいことがあって、前に進みたいときは、メモを駆使しましょう。

いろいろなことを忘れてしまうのではなく、残して利用できるようになります。

記録が残っていれば、何をしていたかも思い出せるようになります。