人を助けたい。

いながき@ありがとうです。

 

セラピストを志向する人は結構要注意で、人のためになりたい、人を助けたいという考え。実は他人と自分が振り子になっていることが多くて、私のために頑張ってよ、私を助けてよって話なんです。だから、エモーションフリーをしていって自分の問題が解決すると、セラピストなんて面倒なことはやりたくないって考えて進路を変えます。これ、毎年いますから。そのとき、まだ会社にいてアクションを起こしていない人は良いですが、セラピストになるって言って始めていると、元のポジションには戻れません。

 

セラピストなんて私みたいにネジの外れた人には向きますが、まともな人はやらなくていいと思っています。セラピーの勉強をするのはOKです。それで周りの人を助けてあげるのもしてください。副業くらい良いでしょう。でもメインの仕事にするのはよく考えてからですね。

 

実際、セラピーで儲けを出していくのは大変です。ビジネスでやれる人はいいですが、人を助けたい気持ちならビジネスとしては難しいです。両方学んだ後に決めましょう。私の場合、営業も、ビジネスも、お金の流れ、教材制作も20代のうちに会社の中でこなしているから、楽にできています。

 

結構残念なのは、セラピストや講師なのに、人の気持ちを全く無視して営業している人たち。売れるわけないんです。Facebookに投稿するのはそれなりの意味はありますが、うまく連動していないから、誰も来ません。ITの知識が必須です。私の場合はITも専門だったので、営業から、ビジネスの構築、お金の流れ、コンテンツ、ITと一気通貫で組み上げられます。この辺の知識はWordpressの仕事のときに稼げるシステムを作るということでやっていきます。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す