こだわりが強いほど生きるのが辛い…。

いながき@ありがとうです。

 

さて、生きるのが辛い人は、大抵、頑固です。誰かがあなたを苦しめるのではなく、苦しい状況でも自分を曲げないからそうなります。諦めるのも選択肢ですし、絶対なんてありません。色々な選択肢を探して、その中から新しい選択肢を選べればいいんです。ただ、感情に左右されると新しい選択肢は選べません。エモーションフリーをすると、感情が高ぶらないので冷静に対応できるようになります。あなたの頑固さが自分を苦しめます。セッションでも、やめればいいのに頑固さは崩しませんね。こだわり続けて解決できるならいいですが、こだわっても解決策がないなら、そのこだわりは手放した方が得策です。

 

自分が絶対正しいなど、こだわりが強いときは、エモーションフリーを受け付けません。そんな時は、ビジュアルフォーカシングでアプローチすると抜けることがあります。エモーションフリーとビジュアルフォーカシングのコンビネーションを使うことで、閉ざされた扉が開きますね。エモーションフリーは根底を解決しに行きますが、ビジュアルフォーカシングは今ここにある感じを相手にしています。今ここにあるこだわりの感じが消失すると、防御ができないので、その隙を狙ってエモーションフリーをたたき込みますね(笑) なんだかんだ言って、私が最後に頼るのはフォーカシングですからね。

頑固なのも悪くないですが、こだわりを捨てると楽に生きられるようになります。

 

コメントを残す