楽しくするには○○が必要です。

いながき@ありがとうです。

 

ゴールを間違えると人は道に迷います(本人は間違っていないと思っているみたいですが)。桃源郷を求めても、それはないです。現実的なゴールを設定して、そこに辿り着く方が簡単です。それも気楽にやった方がいいです。楽に生きるのは大したことありません。えらく簡単です。難しくしているのは自分自身ですね。

 

NLPの中には閾値という考え方があります。ある一定量を超えると、変化するという考え方で、エモーションフリーのリクエストも同じですね。我慢や正しいことを頑なに守っていても、100%できてはいない状態の人が大半です。だったら、我慢しないや良くないこともやっているはず。その量を、一定量以上にしてしまえば、自分の基準が壊れます。これはエモーションフリーのテキストにある3つの人間心理、痛みから逃げたいの部分と同じで、一度やってしまえばハードが低くなるんです。

 

個人の絶対守らなければいけない基準は、過去から来る前提ですが、それを閾値という考え方を使って崩していくことができます。がんばりすぎて辛いなら、そうでない体験をすると、変わっていきます。がんばらなくてはいけない→がんばらなくても問題にならないを体験するんですね。

 

守っているモノは何ですか? ダメな自分ですか? 発想を豊かにして、別の方向で行動すると毎日が楽しくなります。楽しくない人はいつも同じ話ばっかりしています。楽しい話をするためにはネタを仕入れに行かないといけません。そうすると話すことなくなります。だから、行動ですね。美術館や映画を見に行くでも、遊びにいくでもいいです。いつもと違う体験をしましょう!

 

フォローしてね!