EFTとエモーションフリーの違い

いながき@ありがとうです。

 

問題に対してEFT。EFTは感情解放の有名なツールですが、やってみると、ガシガシ数字が下がってゼロまで行きます。途中、ザワザワすると言われましたが、ゼロまで下げて気にならないって言うところまで持って行きます。ザワザワするのは、根本を触らず記憶にある問題を直接触るためです。そこから、もう一段、エモーションフリーをかけます。そうすると、気にならないレベルが全然違うという結果に。ゼロはゼロでも違うんです。

 

そこから、エモーションフリーの忘却強度が強すぎるだけなのですが、ゼロになって見えている情景の距離感が全然違うって。感じ方は個人差ですが、より気にならないレベルにすることで判断に入り込まないようにすることができます。この辺りが、EFTからエモーションフリーに切り替える方、他のツールから乗り換える方の理由でしょう。簡単すぎるし、早すぎるし、覚えるところまで行けば後はかなり自由です。

 

エモーションフリーの弱点は逆に言えば忘却強度が強いことです。エモーションフリーで良くなったことすら忘れちゃっている人結構います。エモーションフリーで良くなったことを永遠に思い出さない人もいるし、思い出すのに数ヶ月から数年かかる人もいます。

 

犯罪被害とかの場合は、永遠に思い出してもらわなくて良いのでそのようにしています。

 

講師の方は、ときどき、アテンションをしてあげないとその先に運べないので、アピールしてみて下さい。そして、そのツールを教えられること、これから教える人は可能性にチャレンジして下さい。

 

どくしゃになってね!

1件のコメント

コメントを残す