苦しみを離脱するには?

いながき@ありがとうです。

 

さて、いろいろ良くなることを求めている人は多いと思います。でもね、身の丈で喜べなかったら、きっと何をやっても喜べません。奇跡的な未来とか、毎日が楽しいとか求めても、そんな毎日が来るでしょうか? 毎日が理想的でない人にとって、それはちょっと難しいです。だから、まず、今の現実の生活を楽しめないとね。そうでなければ、いつ起こるか分からない確率の低い日を待ち続け、願い続け、得られません。

 

でも、現実を楽しむことにフォーカスできれば、小さなモノに発見が起こります。その発見の連続で楽しめたらいいですね。

 

今、苦しい人は何にフォーカスしているでしょうか? 問題、トラブル、憎む相手・・・これでは楽しくなるわけないですね。ハッピーな人はそこは見ていません。毎日の小さな嬉しい出来事を大きく見て行けば楽しくなります。それって主観的に拡大できます。その方法も実はあります。知らない人だけ毎日苦しいですけど、図書館や本屋さんにあります。喜びを見つける行動ができれば自然と出会いますね。

 

全ては自分自身でやっています。気づくか気づかないかです。よく私が自作自演ですよ〜とか、思ったとおりにしかならないっていっていますが、そういうことです。何を見て何を求めて生きるか、そういう部分。そして、それは学習によって引き起こされています。

知らず知らずに引き起こされた学習は、別の学習が必要です。自分が悪いわけじゃないんですよね。

 

事務所のゲートに鍵があります。住人の大半(私が確認した範囲)は、どのゲートに鍵を刺して開けて入ります。でも、管理人さんと私とスタッフは鍵を刺さずに開けます。この違いは、思い込みです。鍵を刺さないと空かないと最初に学習したら、それが必要ないことを学習しないと辞めないですね。楽に生きられるのも、苦しいのも学習なんですよね。変えるのはエモーションフリーで!

 

フォローしてね!

 

 

コメントを残す