生きる目標は決めたほうがいい。

いながき@ありがとうです。

 

私が見ているとガンの人でも、ガンを治すことが目的になっている人は長く生きられないです。ガンを治した先に、やりたいことがある人はガンを治しても長生きしてますね(笑) それと一緒で、問題解決が目的になっていると、治ると目的をなくすので次から次に問題を引き起こし(作るんですよね)、永遠に問題と同居しています。こうなると、勉強することもできないし、就職も楽な道へ、結婚とかも自分には価値が無いと言っちゃって、半ばあきらめモード。無駄なものにお金を使ってストレス発散、お金のストレス増大。結果、更に価値がなくなるスパイラル〜♪って感じですよ!   

生きる目標は決めたほうがいいけど、体験の少ない人にそれはできないので、まず体験でしょう。体験が少なくて本を呼んだりして行動を始めると現実の壁にぶち当たって、スゴスゴと帰っていくことになります。踏ん張る力とか、小ズルく切り抜ける地力がないからですね。

 

学校で教わったいい人でいるとか、そういうのでは現代は生きていけないでしょう。割に合わない。悪いことをしちゃいけませんが、応用が効かないとうまくいかないです。そういう方法は大人になって習得していきますが、コミュニケーションが苦手とか思い込んでいると、関われないから難しくなります。

 

これらは全て内面を調整する必要があり、それで解決できます。脳は怖がりですから、あたらしいことは避けますが、それを楽しくできるようになれば突破は簡単です。エモーションフリーであらかた片付いたら、創造的な未来をゲットしましょう。日々、楽しくなりますよ。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す