毎日を好転させられない理由とは?

いながき@ありがとうです。

 

最近、ちょっと混乱している人がいるなぁと見ています。ちょっと変えればグッと良くなりますが、拘りが思考を曇らせるんですよね。

 

○○であるべきとか、現実から離れた前提を持つと、そうなっていないことに怒ったり、悲しんだりします。これが感情ですね。

 

前提を変えるためには、気づきが起こればいいだけなので、気づきの質問をされると気づいちゃいますね。日々の体験で自分の思考が否定されることがそれだったりしますね。そして、何かに気づきますが、その気づきを押し込めるかどうかですね。

 

本屋さんにある気づきのワークブックなんかをやっても、気づいて押し込めちゃったら意味がないですね。気づきから、行動へ推し進めて、毎日を変えられれば変わりますね。変える必要がある人は変えることが大事だと思っているし、変えない人は変えないことが大事だと思っています。

 

この辺もその人の前提の問題ですね。変わる変わらないはその人のタイミングなので本人にお任せです。ただ、必要のことをしなければ必要な結果は来ないということですね。

 

やるべきことをやらなかった人は忘れたふりをしたり、なかったことにして、しばらく経ってから『どうしよう?』って悩んで、助けを求めるパターンです。この段階だと、状況が追い込まれているので解決が難しくなります。

 

なんでもそうですけど、早めに手を打った方がダメージが少ないですね。そして、早めに思った状況へ移行できれば、毎日が楽しくなります。楽しいことに集中していくので、楽しいですね。

 

ポイントは気づいて行動することですね。こだわりはエモーションフリーで外しましょう。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す