ダメなものはダメだけど、あなたの強みって?

いながき@ありがとうです。

 

さて、強みとか見つけようっていろいろ言われているみたいですが、そんなものは作るものでもなくて、みんな最初から持っています。性格的なことだけど、実は不足しているもの。人はそれを自分で補うように生きているので、自動的に得意になっているんですよね。そこに気けば、優しさとか、真面目さとか、そういう基本性格になっているのがわかります。これは本人の資質のことです。

 

そうでなくて、人生が難しいと感じている人は、資質の外側にダメな経験、思い込み、間違った考え方が長く居座って、グルーピングされているだけです。切り分けができていないから、自分で自分をわかることができないです。自分と自分でないものの切り分けができない状態です。良くある医療ドラマだと【癒着がひどすぎる】的なことですよ。本来は離れているはずの臓器が、外傷や炎症によってくっついてしまうことです。この場合、外傷や炎症は、経験や思い込みですかね。

 

本当の自分を分かるというのは、自分とは何者かを問うことだし、その結果不必要なものを取り除いた後に出てくるものです。自分のやりたいこととか、本当に自分ですか? 立場役割でそう言っているだけじゃないかな? トラウマとか逃げ、甘え(この場合は依存)によって、そうせざるを得ないだけじゃないかな?

 

ということで、その部分をキレイに分けることができれば、自分って素晴らしいって思えるでしょう。私のNLPはそこを重点的やります。

 

そうすると自分を見つめることになるので、枝葉を伐採ですね。エモーションフリーも枝葉の伐採です。幹だけ残ります。見通しが良くなって、ダウンサイジングにもつながります。ゴミを捨て自分を見つめ直すと嫌いな部分がないことに気づきます。この辺から自分好きになっていきますね。

 

どくしゃになってね!

コメントを残す