エモーションフリー とは?

エモーションフリー をつかたらこんな笑顔になるかも。
エモーションフリー

エモーションフリー ができること

エモーションフリー は人の中で起こっている反応を変化させることで、ずっと悩まされている、感情や思考、考え、パターンなどをでなくすることをしています。実際に感情を癒やすというような方法でなく、同じ刺激によって引き起こされる感情を別の感情へスライドさせます。

具体的に言えば、親に怒られるというシチュエーションを考えてみましょう。

親はいつもの調子で怒ります。それを受け止める自分自身がどう反応するかで嫌な気持ちになっていました。

親の怒り方→リラックス という体験をさせることで、無意識的に人は楽な方へ選択を変えます。つまり、親がいつもの調子で怒ったとしても、リラックスが引き起こされます。

条件反射は簡単な方法で組み替えられますので、それを使うことででてくる感情を変えられます。

結果として、嫌な気持ちが起こらずに正常な判断ができるようになります。モラハラやDVでも怖くないので反論することができるようになりますし、いつも怒られて落ち込んでいたのが、落ち込みが激減することもあります。

犯罪被害者の方も、事件の後、そのことに影響されて生きている部分で、気にしなくなるので影響が薄くなります。また、記憶自体も思い出しにくくなるので影響が少なくなります。

エモーションフリー の考え方

エモーションフリー では、人の心は考えません。不確定要素を容認すると対処ができなくなるからです。そこで、こんな風に考えます。人は過去に経験したこと、学んだこと、つまりその人なりの前提を中心に物事を判断し決断します。

だから、同じような局面で同じような失敗をするなどが説明できます。

人は反応してしまうと緊張が走ります。それが感情に変化します。最初から感情が怒るのではなく、思考や刺激によって、身体が反応し、感情が来ます。

だから、エモーションフリー は反応を変えます。

前提は、個々人で固有のものです。同じ前提の人はいません。その前提を素早く探すことで、どの刺激が緊張させるのかが分かってきます。その刺激と緊張の関係を崩します。

人はリラックスしているときに怒ることができません。リラックスから緊張へ移行してから怒ります。だったら、刺激に対してリラックスできれば人は怒らないです。

他の感情でも同じです。全ての感情は自分がそうしたいからしています。時に、悲しみに暮れるのも必要です。それが済んだら、エモーションフリー で終わりすればいいです。

そして日常の中で感情に振り回されないようにしてみてください。毎日が安定します。

エモーションフリー を使うことで変わること

エモーションフリー を使っていくと、感情的にならない時間が増えていくのを感じるはずです。そうすると思考が乱されることも感情が乱されることもあまりありません。結果として平和な毎日が訪れます。

イライラしていたことがなくなっていき、周りの人が怖くて仕方なかったのが、優しく感じたり、世界がおかしくなったっていう人もいます。

自分が変われば世界が変わると良く言いますが、リアルにそうなります。既にたくさんの方がなっています。そして、ここが笑い話ですが、エモーションフリー で良くなったってことを忘れますね。

ライトエモーションフリーから始めましょう

エモーションフリー は講座で教えています。まずはライト エモーションフリー から実践してみてください。やってみたときに身体の感覚が緩くなって、その嫌だった場面を思い出して、緊張していない自分を感じてみてください。 それを感じられる人は、エモーションフリー 講座で本式のエモーションフリーを覚えましょう。

ライト エモーションフリー はこちらから

エモーションフリー とライトエモーションフリーの違い

エモーションフリー は、人生根幹にある思い込みを外すことによって、繰り返し怒っているような問題が起こらなくなったりします。自分を生きてはいけないとか、自分には価値がないなどの思い込みは不要なものですが、一度思ってしまったものをやめることは意外と難しいものです。思考でいくら頑張っても効果が出ません。だから、身体の反応を入れ替えることで無理なく楽になることができます。他のセラピーツールよりも簡単です。

ライトエモーションフリーは、エモーションフリー の効果を確認するために作られているので、今、ここにある感覚からくる感情を解放します。それだけでも、楽になることができますので、超おすすめです。ですが、人生の問題を解決した方が、毎日の楽さが違いますし、ネガティブな思考や攻撃的言動が出なくなります。

エモーションフリー講座はこちらから